竜と騎士 

 昔々、小さな国の近くの山に、金色の竜が住んでいました。
 ある日竜は言いました。
 竜より強い生き物がいたら、私の宝を譲ろうと。
 そう聞いた国の騎士達、次々勝負を挑もうと山に向かいます。
 所が、一人辿り着く度に竜は言うのです。
 その立派な剣は誰が作った?
 その立派な鎧は誰が作った?
 そう言われて、引き返したり身一つで挑んで蹴飛ばされたり、
 身一つで勝たねば宝の場所は教えないと言い張っていました。
 今度は魔法使い達が挑みましたが、
 魔法を使う前にやはり吹き飛ばされてしまいました。
 今度は騎士と魔法使いが揃って行くと、
 一頭に対して二人でこないと勝てないのかと言われます。

 国の騎士も魔法使いも連戦連敗、
 何とかならないかと悩んだある日、
 竜の話を聞いた一人の男、
 山から飛び立とうとした竜を魔法で撃ち落としてしまいました。
 竜はずるいと抗議しましたが、男は言いました。
 お前は狩りの獲物にわざわざ断りを入れて挑むのかと。
 すると竜は答えます。
 お前は狩りの獲物と取引をしようと思うのかと。
 すると男は笑って言いました。
 ああするよ。俺の獲物は人間だから。
 これを聞いた竜、呆気にとられてしまいました。

 所が困った事になりました。
 竜は宝なんて持って無く、
 知恵比べのつもりで言い出した事だったのです。
 気付いた男、笑って竜に言いました。
 お前の立派な翼と力は十分宝。仕事を一つ手伝えと。
 嫌なら自慢の鱗を頂くと言われては、流石に手伝わざるをえません。
 気の進まない竜、男から仕事を聞いて驚きました。
 なんと、仕事とはその国のお城に忍び込む事だったのです。

 所が不思議な事に、毎夜毎夜と空から忍び込んだはいいものの、
 男はいつも手ぶらで戻って来たのです。
 忍び込んだらは自分の仕事、上手く行くまで待ってくれ。
 ある日、男が一晩戻って来ない日がありました。
 夜明けまでに戻ってこない日は、翌晩迎えに来いと言われていました。
 その通りに翌晩やって来ると、男はお姫様と出てきたのです。

 帰りに竜は言いました。
 姫の心を盗めたならば、私の仕事も終わったと。
 すると男は言いました。
 心を盗まれたのは私の方、本当の仕事はこれからと。
 竜は不満半分期待半分、付き合うことに決めました。

 それから数日後、隣の国がこの国を攻め込んできたのです。
 その国は王様の贅沢で貧乏になっていた国でした。
 それを知ると男は竜の背に乗って敵国のお城に飛び込んで、
 悪い王様を捕まえてしまいました。
 そうしておいて、お姫様の部屋に忍び込み、
 貧しくなった国を立て直す手伝いをして欲しいと頼んだのです。
 やがて隣の国は豊かになり、仲良くするようになりました。

 実はこの男、隣の国の騎士でした。
 何時までも贅沢を改めない王様に愛想を尽かして出ていったのですが、
 一目惚れしたお姫様の国に攻め入ると聞いて、
 居ても立ってもいられなくなったのです。
 そして騎士は王様になって、改めてお姫様にプロポーズしたとのことです。

 それを見届けた竜は言いました。
 お前は二つの国を手に入れた。一つ余りができたぞと。
 すると男は言いました。結婚した以上この国はもう一つの国だと。

 それを聞いた金の竜、楽しい時間で礼はなったと飛び立って行きました。
スポンサーサイト
[ 2006/09/24 14:33 ] 創作小説 | TB(0) | CM(0)

竜と巫女 

 昔々あるところに、ちいさな村がありました。
 村は暖かく豊かな土地でしたが、その為に魔物も多くいて、
 収穫期になると魔物退治に四苦八苦していました。
 それが村人達の唯一の悩みでした。

 ある日、村の近くに白い竜が住み着きました。
 その竜の目当ては村の近くにたくさん居る魔物でした。
 収穫期になるとこのあたりに増える事を知って、
 その間はここにいようと決めたのです。

 村人達は喜びました。
 毎年何人も、魔物のせいで帰らぬ人になっていたからです。
 収穫期に森に入れるようになったのも初めての事でした。
 そこで、村人達は森で取れた果物をお礼に供えました。
 最初は何だろうと思っていた竜ですが、
 大好きな果物は、竜の大きな手では取りにくかったもので、
 せっかくなのでと頂きました。
 魔物がいなくなると竜もいなくなりました。

 翌年の収穫期にもまた魔物がやってきました。
 もちろん竜もやってきました。
 その度にお礼の果物をお供えしました。
 豊作の年には牛をお供えしたりもしました。
 竜にも、それは自分が魔物を退治してるおかげだと解ってきました。
 そうしてこの村で、竜は神様の使いになりました。

 所がある年、酷い日照りに見舞われました。
 田畑は枯れ、果物も実らず、なのに魔物はやってきました。
 もちろん竜もやってきました。
 竜は魔物を退治してくれましたが、お礼の作物と果物がありません。
 牛も残ったのは乳牛一頭で、村はギリギリの状態でした。
 困り困った村人達、とうとう人身御供を差し出すことに決めました。
 選ばれたのは村では変わり者の娘でした。
 見えない何かと話をし、夜になると近くがぼんやりと光る不思議な娘でした。

 村人達の心配を余所に、娘は自分から人身御供に申し出ました。
 果物の代わりに彼女を置いて、村人達は帰っていきました。
 困ったのは竜の方です。
 どうして娘を置いていったのか全く解らなかったのです。
 長く村に通い続けて、竜は人を好きになっていました。
 食べる気なんてありません。
 娘も帰るわけにいきません。
 悩み悩んだ一人と一匹、仕方がないので一緒に余所へ行きました。

 竜と娘は半年の間に世界中を回りました。
 その間、竜は狩りで肉を集め、娘は森で果物をあつめました。
 鱗の間に小さな棘が挟まって竜が困っていたときは、
 娘が取って上げました。
 たまに失敗して鱗が一枚こぼれ落ちる事もありましたが、
 娘はそれをお守りにとっておきました。
 すると、街道沿いで出会った商人に、
 鱗を譲ってくれと頼まれました。

 家畜をさらう悪い竜もたくさんいて、
 追い払うのがやっとだったので、鱗は今よりずっと高価なものでした。
 鱗と交換に、娘は服と本を買いました。
 挿し絵がちょうど、村にいたころ話していた見えないものそっくりだったのです。
 本を読んで娘は魔法を覚えました。
 あの村には、いいえ、村のある国には、魔法使いがいなかったのです。
 ちょっとした怪我ならすぐ治せるようになりました。
 熱い場所でだしてくれる氷をかじるのが竜の楽しみになりました。
 同時に、零れた鱗を持って街に買い物にいくようにもなりました。

 村ではまだ不作が続いて、とうとう魔物もやってこなくなりました。
 それを知った娘は貯まった鱗を全部食べ物に買えて、
 いつもお供えしている場所においてきました。
 また竜がやってきたと思ってそれを見た村人は、
 喜んで食べ物をもって帰りました。
 それを見て、娘と竜はこっそり村を後にしました。

[ 2006/09/22 14:31 ] 創作小説 | TB(0) | CM(0)

ACXプロトタイプCase2中編 

(機体に慣れてないな、あれは……)
 少しは心得がある、でもショーに不参加だったんだからベンチ入りだろう。
 機体の感覚を確かめるように飛んでいるのがその証拠。
 傲っていた。アマチュアを見下すプロの目がそこにあった。
「こらーずるいぞー!」
「お前良いとことりやがってー!」
 管制塔経由で聞こえる同僚-新入りにやり込められたダメ先輩-の愚痴は無視する。
(悔しかったら演習で一本取ってみろってんだ)
 不慣れ故の違和感を滲ませながら飛ぶ機体を見据える。
-言い訳なんてさせねえからな。
 背面飛行から低空へのUターン。速度に乗った機体で高空へのUターン。
 そこから滑らかに螺旋を描く軌道をゆっくりと、プレッシャーを与えるつもりでトレースする。
 再びスプリットS、インメルマンターン、そしてバレルロールと続く。
 基礎のおさらいを終え、水平飛行に移ったその瞬間、音が聞こえた。
 スイッチが入ったような、軍靴を履いた足を揃えるような、そんな音。

-エンゲイジ!

 交戦開始。
 バーナーを焚く、飛びかかった先にいないのは承知の上。
 複雑にうねる相手を見据える。トリガーを引く。
 機体の限界ギリギリの速度でターンする機体が見える。
 模擬戦の為に取り付けられたシステムに、命中の表示はない。
-そうでなくちゃ!
 高Gによる旋回、キャノピーを晒す危険を冒して、しかし確実な回避。
 時に大胆に、時に繊細に、計算され尽くしたような機動。
 奢りを払拭するには十分だった。
 これまで、空軍に籍を置いてから、初めてで合う強敵。
 そのまま、高揚感に浸っていれば、それで終わったのかもしれない。
-なめられてる。
 少なくとも、礼は尽くす。
 そうするべくあらゆる知識と技術を総動員して迎え撃っていた。
 気付いてしまった。それが相手に何のプレッシャーも与えていないことに。
-ふざけやがって!!
 悠々と飛ぶ「敵機」を改めて睨み据える。
 そこから1分-彼は「悪魔」を見る。
[ 2006/09/16 16:32 ] エースコンバット | TB(0) | CM(0)

ACXプロトタイプCase2後編 

-な、何だったんだ……。
 最後は、0だったダメージカウンターが一瞬で100を超えた。
 キャノピーに被弾。実戦で在れば即死。
 シートに、ヘルメットを外すことも忘れ崩れ落ちるように体を預ける。
 為す術が無かった。本気、全力、否、それまでの自分からは信じられないほどの力を出し切った実感は確かにある。にも関わらず。
 残り20秒まで後ろを取り続けられたのは奇跡でも何でもなく、戦略の一部。
 ありとあらゆる手を尽くし応戦した。無駄だった。
 最後の20秒は圧倒的な力量の差を思い知る時間だった。
 その機動に殺気すら感じた。
 ただ、後ろを取られる直前、相手が一瞬止まったように見えた時、何かが脳裏を過ぎった。
 それが何だったのか解らないままコックピットを這い出して、黒髪の、ソロンと呼ばれた男に視線を移す。
 ソロンがパイロットと、並ぶ。
「……勝負、受けてやれ」
 小声のつもりだっただろう言葉は、いつの間に広がっていた静寂の為に聞き取れた。
「遠慮させていただきます」
 ソロンの顔が曇る。白い歯を見せたのは打ちのめされていない意志表示というよりも、勝利宣言に近かった。
 解らない。だが最大限の敬意を払うべき相手だと頭の片隅から聞こえる。
 その「彼等」に、認められた。それだけで十分だった。
 隊長が彼等の横に来たときは不快だった。同時にせせら笑っていた。
「君は、実戦経験があるのかい?」
「……ええ、ベルカ事変で」
 落ち着いて聞いてみればベルカ語独特の堅い発音だった。
 ベルカ事変、別名、環太平洋戦争。自分がパイロットを志すきっかけ。
 あの時祖国の亡霊を食い止めるべく現れた有志達の一人だったんだろうか。
「君!」
 そこまで考えたとき、よく通る声が耳をついた。
 顔を上げる。気付けば隊長がコックピットに滑り込み、ソロンがタラップに足をかけていた。
 もう一戦やるつもりだ。
 ……エアショーパイロットの方は見る価値が無いとばかりベンチに横になっている。
 ウイングマン、整備士に金髪の女の子も同様らしい。
 眼帯のマネージャーに松葉杖でつつかれても何処吹く風。
「よく見ておけ」
 既に、勝負の結果は見えていた。その通りになった。
 そして気付いた。彼等が何者なのか。
 平民風情が王と知らず剣を向けた、そんな感覚が背を抜けた。

 気付いた。しかしどうする。そのまま突き付けられない。
 まして勘違いだったらどうする?でもそうしたら、よく見ておくものとは?
 間違いない。間違いないのに、どうしたらいい?
 その場で転げ回りたい程の喜びに理性がまともに働いているかさえ怪しと思っていた。
 だが不安とは裏腹に、アドレナリンが効いたのか、対して優秀でもないはずの脳味噌が異様なまでの冴えを見せた。
「俺には夢がある!」
 呼び止めようとさえ思わなかった。
「アンタ達みたいなパイロットになること!!」
 彼は、ラーズグリーズの英雄は、三つ編みのパイロットの肩に手をあてて返した。
「俺達のいらない世界を作ってみろ」
 それが答えだった。
[ 2006/09/16 14:28 ] エースコンバット | TB(0) | CM(0)

ACXプロトタイプCase2前編 

 その曲芸飛行士のエアショーは見事なものだった。
 模擬戦を申し込んだのは単純な好奇心からであり、断られても良いと思っていた。
「ソロン、やる?」
 申し出は受け入れられた。但し、相手は代打。下手に断るより腹が立つ形で。
 8月の寒空の下、黒いコートと鋭い空気を纏った黒髪の男。
 そんな雰囲気と裏腹に自分の名前を呼ばれた事にさえ気付かないような男だった。
「ブランクは無いはずだよね」
 呼ばれた当人がその非礼に気付いてパイロットを諫めようとした事も、慰めにはならなかった。
(ガキだと思ってなめやがって!)
 仕事を終わらせた相手にいきなり勝負を申し込んだ自分の不躾も忘れ、代打に指名された男を睨み付ける。
「はぁ……どうする?」
 見ているこっちが申し訳ないような顔をしているのが余計に腹立たしい。
 よく見ると男のこめかみからは白い筋が一本走っていた。
(苦労してんのかな)
 もちろん、苛立ちを押さえる理由にはならない。
「良いでしょう。受けて立ちます」
 慇懃無礼な振る舞いをする事に決めた。
「その代わり、勝ったら改めて勝負して頂きますのでそのつもりで」
「いいよ」
 頭上にいるのが、年齢不詳だが経歴を見れば30は堅い男には見えなかった。
 フライトスーツを着て現れた代打の男も、見た目より年なのかもしれない。
(最強のエアショーパイロットの鼻をあかしてやる!)
 3メートル近い高さかさのコックピットから着地して見せた憧れの対象をきつく睨んで、タラップを昇った。
---------
結果は言うまでもなくヽ(´ー`)ノ
[ 2006/09/15 16:53 ] エースコンバット | TB(0) | CM(0)

ACXプロトタイプCase1 

 ガラス張りの北側から心地よい日射しが差し込む。
 空軍基地の設備とは思えないほどお洒落なカフェだった。
「時代は変わりましたねぇ」
 目の前でカルピスを啜る-記憶が正しければ40をとうに過ぎた-師も同じ感想をもったようだ。
 癖のある赤毛、無難なベージュのジャケットしか選ばない私服のセンス。
 再会の度に感じるやつれた印象も含めて、師の風貌に変化は感じられなかった。
「そろそろ、止した方がいいんじゃないですか?」
「ぇー」
 何杯目かになるそれを取り上げる。いい年して味覚も相変わらずだ。
(2倍希釈をやめたのは流石に年か?)
 その正体こそ公の知る所ではないが、糖尿病が原因でぱったり逝かれるのは困る。
 最期が糖尿では師事したこっちが情けなくなる。せめて暗殺か古傷。
 もちろん、天寿を全うしてくれればそれに越したことはないが。
「で、何しに来られたんです?」
 少なくとも、片田舎の司令とはいえ教え子の出世祝いに気軽に出られる人間ではない。
 今頃何人かが泣いてるか胃痛を訴えてるかもしれない。
 そんな事は何処吹く風とばかりに師が口を開く。
「どうです、ここ最近?」
 それも質問とは全く無関係な事を。
「お隣が静かになりましたから、軍人は当分暇になるかと」
 隣国の内乱がやっと収まった。
 以前までその余波を警戒していた上がそれを知ったとき、真っ先に行ったのが配置換えであった。自分の立場を揺るがすような危険な若造を置いておく義理は無いと言うことだ。
 皮肉った笑みが浮かぶ。師の表情からは笑みが消える。
「それ、本気ですか?」
「ご冗談を」
 内憂を始末したのなら、どんな形であれ次は外患に取りかかるだろう。
 隣国は潜在的敵国。ともすれば最悪の形で。
 師の来訪が、それが杞憂でない事を示していた。
「昇進祝いは、私からの奢りと言うことで」
「飲み食いしていたのはあなただけです」
 国境沿いから外されたときに安堵した自分は軍人の鑑ではない。
 かつてエースと呼ばれた師の背中を見送りながら、溜息を吐く。

 触れれば折れそうな肩が、それを見透かしているようだった。
[ 2006/09/13 16:19 ] エースコンバット | TB(0) | CM(0)
ぶつくさ



ブログ内検索
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ブロとも申請フォーム