今日はひたすら 

白紙ページを回してました。

や、ほれ、Lv100までただ上げるのもって思ったのよ。
(本音:大全埋めの低ランク供物よこしやがれ)
……大人しく難易度高でアクセ集めようかしらとかね。

というか単純にアクセ目当てなら難易度高の方がダブらなかったりする?
作成直前の一覧をもうちょっと良く読んでみるべきかすら?
儲け話の噂は銅枠銀枠供物に使うべし。
黒枠は過大評価待ったなしだし金枠が気が付くと溜まってる。
と言うわけでモブい同行者を四人ほどSにしてみたり。
……オルマニーさんはきっと強がり属性(ぉ

そしてインキュバスと裸の王様という奇跡のようなラインナップに出会う……
あかん、これ色んな意味であかんw

続きにちょいとネタバレぼちぼち。



ターリアさんお幾つですか?
※絶対に聞いてはいけない。

モルガンの娘一人成人するまでの時間があるけどその前に既に思春期と思われるわけで……
あれかぬ、指導者の対比的に、ゴルロイスとペンドラゴンの中間程度の(土拳
よくよく考えたら過去を語り継ぐアヴァロンと未来を繋ぐサンクチュアリなんですな。
そしてグリムが語るのは今正に迫り来る世界の終わりにどう挑むか。
アヴァロン=ニミュエ=生贄、サンクチュアリ=エレイン=生存、メイジー=普通に死亡
が各組織の下す決断とマッチしてるという話を聞いてほうほうとね……。

さて本題。
無名の魔法使いは、この状況を見て何を思っていたのやら。
少なくともあの話を覚えていたならモルガンには口を酸っぱくして警告するよねえと。
そうでなくても接触を回避しようとしたりはしないかなと……。
まあ、それをやったらニミュエは存在しない世界になっちまうので忌避しちまう?
そこまで弱くは無いかーとも言い切れないけど。

どちらにせよ世界を大きく変えるターニングポイントを切り換えられない所を見ると、
無名の魔法使いの記憶はこの時点で相当混濁しちゃってるんじゃないかなーとか。
文献によれば断片的な資料から一冊の書物に纏まったのが数年前……。
彼の言葉だけならもうちょっと表現が違わないかなとか。
記憶が定かな内に書き残した物があったんじゃないかなーとか。

さて、最初に「我が肖像」で名前を入れろと言われるシーンを割と重視してますのは前も何度か。
その魔法使いは「何時から」無名の魔法使いになったのでせうか。
ロムルス神の思念も「無欲の人」を「送ろう」とは言っても造ろう、とは言ってない。
そもそもあの世界の神話でいえば、人間が生まれたのは衝突による副産物のようなものなわけで、
どちらの神からも「知らねーよ」な立場なんでして。
二大神の性格的には多神教にありがちな欠点を抱えた神様ですし、人、造れないんじゃね?とか。

ED直後にその魔法使いが歩いた世界、選んだ行動、
この白紙をこねこねしたものがピクシブにあるけど進んでにゃい。
(それどころか更にその次の世代の話をごねごねしている)

何はともあれそこには世界を変える為の物語があったよね。
サンクチュアリの救済の対価を供物に充てる方法みたく生贄に頼らない方法とか、
魔法連携や刻印、改供物が現れてみたり、世界は確実に進歩している。
リブロムから引き継いだ技術その他が確実に進歩して更に無名に引き継がれ……
もしかしたら魔法使い達が力で終わりをねじ伏せられる可能性もあったかもね。
と、思ったがそれに比例してマーリンも強くなってるに決まってるのだった。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ぶつくさ



ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
ブロとも申請フォーム