FC2ブログ

Lyのハンター日誌・収拾編 

レベたんに初心者編でもさせようかしらと思う今日この頃。


 トレニャーハンターを目指すレベたん。
「さて、まずは狩りに使う武器を決める事ニャ」
 ご主人に話すとあっさりOKをくれました。
「Lyさんの使ってない武器を借りて来たニャ。と言うわけで武器のレクチャーを始めるのニャ」
 ガサゴソ……。
「片手剣ニャ。軽いから軽快に動けてアイテムも同時に使えるニャ」
「ボクでも使えそうニャー」
「でも、リーチも短いから相手の懐に飛び込む事になるニャ」
「ふところ……」
「まだ度胸不足ニャね」
 ガサゴソ……。
「双剣ニャ!豪快な連続攻撃が出来るニャ!」
「ブンブンブンブン……」
 キンキンキンキン。
「ぶつかって上手く振れないニャ……」
「鬼神化乱舞なんてさせたら偉いことになりそうにゃ……」
 ガサゴソ……。
「大剣ニャ!豪快に敵を吹っ飛ばすけど重いから足裁きが必要ニャ」
「おっとっと……ニャ~っ!」
「剣に振り回されて……」
 ぶぉん!
「ニャ!な、仲間を巻き込むと色々危険だから次ニャー!」
 ガサゴソ……
「刀ニャ!大剣より軽やかに攻撃する事が出来るニャ!」
「格好いいニャ……」
「フフフ。人気も抜群ニャ。気を練り上げて繰り出す鬼刃切りは強力ニャ!」
 そ~……
「重さで叩き切るんじゃなくて鋭さで切り裂くのニャ」
 すぱっ
「でも、刀がデリケートだから攻撃を受け止めるのには向かな……どしたニャ?」
「爪が切れましたニャ」
「この子に持たせたら危ないニャ……」(色んな意味で)
 ガサゴソ……
「ハンマーニャ!重さで敵を叩きつぶすニャ!」
「んーっ!んーっ!」
「……論外ニャ……次」
 ガサゴソ……
「ランスニャ!大きな盾で身を守りつつ、突進力で敵を薙ぎ払うニャ!」
「盾の取っ手に手が届かないニャ……」
「それじゃ次のガンランスもちと無……」
 カチャカチャ……ぼんっ
「こらーっ!竜撃方が暴発したらどうするニャーっ!爆弾並の威力なのにニャ!!」
「……けほん……はいニャー」
「飛び道具の類はちょっときつそうなのニャねえ……」
「ボク……やっぱり役立たず……」
「んー才能はあると思うんニャけどねえ」
「ご主人の役に立ちたいのニャ……」
「ふむー……お、だったら良いのがあるニャ!」
 ガサガサガサガサ。
「これニャー!」
「ハンマーニャ?」
「これは狩猟笛ニャ。音色でいろんな効果が出るのニャ」
「色々って?」
「弓引いても、疲れなくなる」
「それニャーッ!!」
 ひったくられる狩猟笛。素振りとばかりに振り回すレベたん。
「ハンマーと重さはさほど変わらないはずなんだがニャー……」
 ご主人、いつかボクが役に立つのニャ♪

 ふー……流石にリオレイアはきつかったわなぁ……。
 ハンターとして一人前かが解るっていうけど、アタシも腕鈍ってたのを実感。
 相変わらず尻尾はすぽーんといくけど。
 ハンターボウ4段階目じゃなかったらまずアウトってところかしら。
 まあ捕獲できただけでも良しとしますか。
 さて、私が来てから随分経った。
 即ち、私の前任が引退してから相当経った事を意味する。
 どこかの自称ベテランと違って、あの人随分活躍してたみたい。
 山にある崖のとっかかりやツタはあの人の功績。
 さらに言っちゃうと、雪山のドンだったらしい。
 ドドブランコと大立ち回りして山から追い出すとなるとかなりのもんだ。
 そのあの人が引退して……戻ってきたらしいのよねえ、その、ドドブラ。
 舐められてる、かあ……リオレイアにああも苦戦するんじゃしゃーないか……。
「そう言えば、山神様は?」
「ああ、アイツは特別だよ。山神何て言うけど世界中ふらふらしてるらしいからね」
 あらま。それがあの大トカゲに追い出されたかもしんないのか。
 とりあえず、連中がひれ伏すぐらいの威厳をと言うことで……装備の充実をはかりますかねえ。
 さて、装備の充実と言えばもう一人……いや一匹。
「どう、レベたん使うもの決まった?」
 我が家の小さなトレニャー君♪
「笛を吹くことになりまたニャ」
 あらま。また随分玄人好みのもんを……主人に似るのかしらねえ、やっぱ。
「よっし、じゃあ選別代わりに一番良い奴の材料私が出してあげよう!」
「やったニャー」
 と、言うわけで、荷物にある素材リストを持って鍛冶屋さんに。
 結構貯まってるなあ……。
「アタシは笛に関しては素人だから、トレニャー君よろしくね」
「はいニャ」

 と、喜び勇んで貰ったものだったんですが……。

「……あの」
 貰った笛は、白くて
「ま、まあ強いらしいし……」
 所々赤い染みがついていて
「トラウマは克服する為にあるのニャ」
 さきっちょにフルフルの口がありました。
 よりによって店長のお薦めがこれかい。
「フルフルホルン。強走効果もあるし威力も申し分無いニャ」
 片手剣で可愛いのがあるけど……せっかくレベたん仕様に作ってくれたし……。
「ま、まあ、もっと強くてかっこいいのがあるわよ、ね?」
 我が家の小さなトレニャー、前途多難。
スポンサーサイト



[ 2007/03/08 15:02 ] Lyのハンター日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ぶつくさ



ブログ内検索
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
ブロとも申請フォーム