FC2ブログ

一区切り付いたと思って 

武神闘宴にいこうと思ったものの……

アナログスティックが壊滅的状況。
村の移動すら……やはり3000購入を考えるべきか。

ゆうなま、図鑑は無事にコンプリート。
レア種はひたすら罠肉喰わせて殺していくというなんとも不毛な作業。
ストーリーモードではちょっと出せそうもないわこれは^^;

あとはチャレンジ……やはりスルメゲー。

続きは駄文。
某所の添削文。

「原文」
 Aは夜の砂漠にいた。
 辺りは真っ暗で空には流れ星が流れているのをAは見た。
 Aは砂の上に横になってみた。
 辺りにはA以外誰もいなかった。

個人的にAだと味気ないので「私」に変換。

「添削(と言う名の装飾文)」
 私は月の無い夜空を見上げてた。
 風に乗ってきた砂がいつの間にか靴の中に入り込んでくる。
 それが星明かりも頼りないこの闇の中、ここは砂漠だと教えてくれる。

 ただただ空を見上げていた私の視界を何か、小さな物が横切った。
 流れ星かと思った。目の錯覚だったかもしれない。
 それは本当にに小さくて、本当に一瞬の事だったから。

 砂漠に体を横たえたのは、それをもう一度見つけたかったからかもしれない。
 けれども私の五感が捉えるのは闇と星、風と砂。それだけだった。
スポンサーサイト



[ 2008/10/23 23:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ぶつくさ



ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
ブロとも申請フォーム