FC2ブログ

勢いさえあれば 

色々出来るもんだ。
と言うわけで某所投下文垂れ流し。

 遭難二十日目、出合ったハンターが即座にモドリ玉を地面に叩きつけた。
 しかしネコタクがやってくる事はなく、そのハンターは前のめりに突っ伏した。
 俺はここから去った方がいいだろう。でなければ、彼を殺してしまう事になる。

 背を向けた方向から風が吹いてくる。
 これならネコタクアイルー達も彼を見つけ、無事に連れ帰ってくれるだろう。
 遭難十六日を過ぎたあたりでこの森を出ることは諦めていた。

   ――――『クサヲ』――――

 俺もハンターだった。
 G級クエストが解放され、解放された新たな狩り場。俺だって食いついたさ。
 シュレイドに程近い旧密林。コレまでの密林以上に木々が生い茂り、視界を閉ざす。
 木々の間、我先に茂る草が視界の悪さに拍車をかける。
 なるほど、緑色のババコンガともなればこの環境は最大の味方だと気を引き締めた。

 俺とてG級ハンター。そのかいあって奇襲を受ける事は無かったさ。
 あの臭い塊を三方に投げられたり、屁の風圧でぶっ飛んだ時は生きた心地がしなかった。
 痛いわ臭いわで散々。悪戦苦闘、それでも奴を巣へ追い込んだその時だ。
 滝の洞窟を抜け青空の下、木が一本生えてるだけの開けた場所。さあ大剣の錆にしてやるぜって時だ。

 目の前で、空気がぐにゃりと揺れた気がした。

 だが巣の奥にはババコンガ。錯覚と割り切る事にした。
 鈍重だが一撃の重さは百も承知。まして尻から飛ばすアレを喰らうと精神的にも来るもんがある。
 その、アレを避けようとした俺は、見えない壁にぶちあたった。

 大剣の腹で防いだお陰で大事には至らなかった。第二派は華麗にかわす。
 同時に、アレの直撃を受けた壁が、本来の紫色を露わにする。

 オオナズチ。霞龍と呼ばれ自在に姿をくらます古龍。
 いてもおかしくない。否定する材料は誰も持ち得ない。
 何万分の一かも解らぬ不幸を嘆くより先、ナズチが大きな口を開いて……。

 べちょっ

 死んだと思った。意識を取り戻した時全く痛みを感じなかったからな。
 だが俺の腕も足も無事。ちゃんと両足で地面に立ってる。「アレ」の匂いも、もう無い。
 ナズチとコンガの挟み撃ち。何万分の一かも解らぬ不幸を切り抜けた幸運を喜んだ。
 それが、不幸の始まりとも知らずにな……。

 キャンプに戻ってみればテントも、支給品ボックスも、何もかも片付けられた後だった。
 きっと死亡と判断するに足る時間が経過したんだろう。
 最寄りの村まで歩いていこうとして……俺は遭難者になった。

 最初の問題は食事だった。肉焼きセットなど持ち出さなくなって久しい。
 肉にするべき草食獣もいないし、魚を釣ろうにもミミズ一匹いやしない。
 仕方がないから、食えるかどうかも解らない木の実や、酷い時には木の皮まで囓って生き延びた。

 次の問題は睡眠。うかつに眠ると寝首を掻かれる。どこで、どう眠ればいいのか解らなかった。
 結局の所、歩き疲れて倒れてしまった。ああ、ここで自分は死ぬんだと思った。
 だが、俺は生きて朝を迎えた。
 眠い時に眠れるようになったのは五日目だ。

 生き物がいない。

 気付いたのは川で体を洗っている時だ。
 こんな鬱蒼とした所を五日も彷徨えばあるだろうの虫さされが一つもない。
 見渡せば水を飲みに来るだろう草食獣は無く、それを狙う肉食獣ももちろんいない。
 川を下りつつ中を覗いてみた、魚一匹いない実に澄んだ川だった。
 下流に村がある事を期待していたが岩壁の下に潜られて無理だった。

 木々の実りは豊かで、食い物には困らない。安眠を妨げる物もいない。
 しかし俺に森を抜け出す術は無く、俺の声、言葉、一挙一動、答える物は何も無い。
 生命の危機が無いという安堵は最初だけ。
 あらゆる生き物がいない。あらゆる生命とぶつかり続けて来たハンターに、それはどれほどの孤独か。

 七日目、耐えきれず俺は叫んだ。森で、川辺で、洞窟で。
 俺はここにいる。ここにいるぞと。答える物も無いのにただただ叫び続けた。
「誰かいるの?」
 でも幸か不幸か、答える者がいた。喜んだ。駆け寄った。抱きしめて、おんおん泣いた。
 助かった。帰れる。けれど、その喜びから解放された俺が見たのは……

 口から泡を吹いて藻掻く、大剣使いの女だった。
 解放すると口を両手で塞ぎ、硬く目を詰むって蹲りだした。爪が食い込む程の力でだ。
 ヤバイと思った。手を外そうと思った。やっと力が緩んだと思った時には、冷たくなってた。
 仲間と思しきガンナーの男が鬼の形相で上げた叫びをよく覚えている。

 ソイツも話を聞いてくれと俺が詰め寄ったとたん、口を塞いで倒れ込んだ。
 うめきつつも仇であろう俺の手を拒みながら、あの女と同じように息絶えた。
 俺は逃げた。

 だってそうだろ。未知の病原菌か何かいるような場所に長々といられるか。
 ……それが大いなる勘違いだったんだろうが。
 その翌日、翌々日と、似たような症状で倒れていくハンター。死に目に会う前に逃げ出した。
 この頃から、俺の中には一つの仮説があった。実に、認めがたい仮説が。

 またハンター達がやってきた。四人だ。風下からゆっくり、彼らに気取られないように近づいた。
 会話だけでも盗み聞きできないかと思ったんだ。一つの狩り場にこう立て続けはあり得ないからな。
 聞こえた会話をかいつまむと、下流の村が臭いにやられて悲惨な状況だという。
 調査に出たハンターがいっこうに戻らず、ついにギルドナイツが出張ってきた。

 そして、およそナイツとは思えない少年が、俺の仮説を立証する。
「何か、臭くね……?」

 未知の病原菌がいるとしたら俺だ。少なくとも臭いの原因は俺だ。
 でもさすがはナイツ。風向きに最大限の注意を払って俺を追って来た。
 俺もまた、風向きに気をつけつつ動向を窺う。仮説が正しいなら死んだ方がマシと思ったからだ。
 自分の状態はすぐに解った。あの若いのが臭い臭い連呼してるおかげでな。

 結局、ナイツといえども長期の探索は無理だった。あの若いのがいよいよやばくなったからだ。
 それからも人は来る。風下から様子を窺い、顔をしかめられたら逃げる。そんな日々が続いた。
 ……消臭玉を使ったが結果は同じだった。

 遭難二十一日目の夜。嵐だった。それでこの忌々しい臭いも流れてしまえばいいのに。
 拳を打ち付けた壁が腐って、マカライト鉱石が転げ落ちた。

 ……その時、風向きが変わった。

 天を仰げば風の渦。その中心にいたのは古龍、鋼龍クシャルダオラ。
 ああ、世界で最も偉大な生き物の眷属は異臭など気にせず舞い降りてきた。来てくれた。
 そうか、お前は風の鎧で俺の異臭から身を守っているのか。
 全ての生き物が恐れ身を隠すと言われるお前達の孤独が今の俺にはよく解る。

 良かった。本当に良かった。こうして、俺の前に立てる生き物がいる事が。
 ふと、さっきのマカライト鉱石を思い出す。
 このまま引き裂かれても構わない。せめてもの感謝に!

 彼は実に穏やかに俺の前に歩み寄って、青い鉱石に鼻先を近づけた。
 風の鎧が消える。自分が受け入れられたようで嬉しかった。

 次の瞬間には、崖の下に向かって、何かげーげーしている鋼龍の姿が目の前にあった。
 原因は俺が嫌というほど知っている。紫の泡が見えた気がした。
 ソイツは俺の方を一回見ると、逃げるように飛び去っていった。

 古龍すら耐えきれないこの異臭。
 全く気にならない俺は、一体何だというのか……。
スポンサーサイト



[ 2008/11/14 23:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ぶつくさ


ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
ブロとも申請フォーム