FC2ブログ

[苦手なもの・森の中・そのずっと前] 

ついったで貰ったお題から。



 刻は日暮れ。深くて深くて、暗い森の中。

 風を切るように、その森を駆ける一団がいる。
 先頭を走るのは黒い鎧、黒い髪、縁取りとクロークの赤が映える傭兵隊長。
 併走するのは槍を構えた刈り上げた銀髪の重戦士。
 緑のスカートを翻す赤毛の戦乙女。
 少し後ろを、森に紛れるような黒外套に黒頭巾。

 最後尾を揺れる金髪、ローブは桜。
 この並びに意図は無い。ただ彼女が追い切れない。
 けれど彼女は知っている。
 前の四人が歩調を合わせているのは自分ではない。

 彼らの後に続のは音。からからと鳴る音。
 どこから湧いたとも知れぬ骨、骨、骨、骨。

 それらから『本気で』逃げてるのは彼女一人だ。

「しっかし憑いて来ますね連中」
「陣中突破されたら沽券に関わるって所かねぇ」
 どうして平気なのだろう。
 どうして余裕なのだろう。
 解っている。
 彼らにとってアレは『モンスター』でしかないのだ。

 けれど彼女にとってアレらは、武器を手にした『人』なのだ。

 森はかつての砦跡。
 追いすがる骸はかつての騎士、いや、今も。
 それを『直接』聞き、伝えたのは他ならぬ彼女。

 霊感の強い彼女にとって、彼らは『生きた人』と何ら変わり無かった。

 彼らが『騎士』で良かったと思う。
 彼らの支えが『誇り』で良かったと思う。

 もしあの日のような『場当たりの殺意』を向けられたら……。
 そこまで考えて止める。
 前を走る仲間は、そんな相手をきっと何人も相手にしてきただろうから。
 そんな事で怯んではいけない。
 足を竦ませてはいけない。
 自分もその一人だから。

 でなければ、あの人について行けなくなる。

 森の向こう、赤い旗が見えた。敵の陣営。
 これから一戦交える彼らは『どちら』だろうか。

 傭兵団は振り返る事無く敵陣へ突き進む。
 五人など一捻りで終わりそうな軍勢。
 けれど、その背後に多数の、練度の高い騎士が続いていたらどうなるだろう。
 それを利用しようとするあの人は、ちょっと酷いと思ったけれど。

 かつて砦を焼いた大国の旗は、色は、当時から何も変わっていなかった。

 周囲をふわりと光が舞う。走り通した足が軽くなる。
 先に待っていた、こちらの陣営による支援の魔法。

「行くぞーっ!!」
「英霊よ、我に力を!!」
「奴らにこれ以上の蹂躙を許すな!!」
「突撃ーっ!!」

 雇い主から与えられたのは魔術師と猟兵が数名。
 けれど、彼女の背を押したのは数名ではあり得ぬ覇気。
 森に、金色の旗が立った。



――あの傭兵に、怖い物は無いのか?



 僅かな手勢(+α)で大国の部隊を退けた彼らの評価は、案の定二つに割れた。
 死者の冒涜と取るか、荒っぽい供養と取るか。
 どちらにせよ、ささやかな宴を開くに足る功績には違いなかったが。
 けれど、その中の今回の立役者たる傭兵隊長の姿は無かった。

 皆が勝利に酔いしれる中、彼女は彼を捜す。
 美味しそうな手羽先のフライをこんもり盛った皿を手に。
 尋ね人はあっさり見つかった。テラスで静かに飲んでた。
 宴のざわめきはすぐそこ。
 彼女に気付くと、軽く挨拶をする。
「や」
「行かないんですかぁ?」
「どうもああいう席は苦手でね」
 そう尋ねた時、彼は少し視線を泳がせたのを見逃さなかった。
「骸骨さんは平気なのにですか?」
「お前が教えてくれたんだろう。彼らは騎士で、援軍を待っていた」
 確かにそう。
 現に、彼らは非武装の者を手にかけはしなかった。
 たいていの人は、そうと気付く前に悲鳴を上げて逃げるけど。

「そこをわざわざ引っ掻き回した人にも、あるんですねぇ……苦手なもの」
「……お前も、結構言うんだな」
 隊長はそう溜息をついて、手羽先をひょいと取る。

「まぁ、駆け出しの頃もみくちゃにされて、それ以来、かな」
 視線が、また泳いだ。
 彼を捜す声がする。ほんの少し、彼が外側へ動いた。
 だから彼女も、外から見えない場所に、彼の側へ寄る。

 ……野営や街を散策している時より、気配のようなモノが硬い気がした。
 彼の苦手は、ひょっとしたらそのずっと前からかもしれない。
 けれど今は、何も聞かず黙って並んでいようと思った。
スポンサーサイト



[ 2012/04/27 17:58 ] 創作小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ぶつくさ



ブログ内検索
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
ブロとも申請フォーム