FC2ブログ

竜と騎士 

 昔々、小さな国の近くの山に、金色の竜が住んでいました。
 ある日竜は言いました。
 竜より強い生き物がいたら、私の宝を譲ろうと。
 そう聞いた国の騎士達、次々勝負を挑もうと山に向かいます。
 所が、一人辿り着く度に竜は言うのです。
 その立派な剣は誰が作った?
 その立派な鎧は誰が作った?
 そう言われて、引き返したり身一つで挑んで蹴飛ばされたり、
 身一つで勝たねば宝の場所は教えないと言い張っていました。
 今度は魔法使い達が挑みましたが、
 魔法を使う前にやはり吹き飛ばされてしまいました。
 今度は騎士と魔法使いが揃って行くと、
 一頭に対して二人でこないと勝てないのかと言われます。

 国の騎士も魔法使いも連戦連敗、
 何とかならないかと悩んだある日、
 竜の話を聞いた一人の男、
 山から飛び立とうとした竜を魔法で撃ち落としてしまいました。
 竜はずるいと抗議しましたが、男は言いました。
 お前は狩りの獲物にわざわざ断りを入れて挑むのかと。
 すると竜は答えます。
 お前は狩りの獲物と取引をしようと思うのかと。
 すると男は笑って言いました。
 ああするよ。俺の獲物は人間だから。
 これを聞いた竜、呆気にとられてしまいました。

 所が困った事になりました。
 竜は宝なんて持って無く、
 知恵比べのつもりで言い出した事だったのです。
 気付いた男、笑って竜に言いました。
 お前の立派な翼と力は十分宝。仕事を一つ手伝えと。
 嫌なら自慢の鱗を頂くと言われては、流石に手伝わざるをえません。
 気の進まない竜、男から仕事を聞いて驚きました。
 なんと、仕事とはその国のお城に忍び込む事だったのです。

 所が不思議な事に、毎夜毎夜と空から忍び込んだはいいものの、
 男はいつも手ぶらで戻って来たのです。
 忍び込んだらは自分の仕事、上手く行くまで待ってくれ。
 ある日、男が一晩戻って来ない日がありました。
 夜明けまでに戻ってこない日は、翌晩迎えに来いと言われていました。
 その通りに翌晩やって来ると、男はお姫様と出てきたのです。

 帰りに竜は言いました。
 姫の心を盗めたならば、私の仕事も終わったと。
 すると男は言いました。
 心を盗まれたのは私の方、本当の仕事はこれからと。
 竜は不満半分期待半分、付き合うことに決めました。

 それから数日後、隣の国がこの国を攻め込んできたのです。
 その国は王様の贅沢で貧乏になっていた国でした。
 それを知ると男は竜の背に乗って敵国のお城に飛び込んで、
 悪い王様を捕まえてしまいました。
 そうしておいて、お姫様の部屋に忍び込み、
 貧しくなった国を立て直す手伝いをして欲しいと頼んだのです。
 やがて隣の国は豊かになり、仲良くするようになりました。

 実はこの男、隣の国の騎士でした。
 何時までも贅沢を改めない王様に愛想を尽かして出ていったのですが、
 一目惚れしたお姫様の国に攻め入ると聞いて、
 居ても立ってもいられなくなったのです。
 そして騎士は王様になって、改めてお姫様にプロポーズしたとのことです。

 それを見届けた竜は言いました。
 お前は二つの国を手に入れた。一つ余りができたぞと。
 すると男は言いました。結婚した以上この国はもう一つの国だと。

 それを聞いた金の竜、楽しい時間で礼はなったと飛び立って行きました。
[ 2006/09/24 14:33 ] 創作小説 | TB(0) | CM(0)

竜と巫女 

 昔々あるところに、ちいさな村がありました。
 村は暖かく豊かな土地でしたが、その為に魔物も多くいて、
 収穫期になると魔物退治に四苦八苦していました。
 それが村人達の唯一の悩みでした。

 ある日、村の近くに白い竜が住み着きました。
 その竜の目当ては村の近くにたくさん居る魔物でした。
 収穫期になるとこのあたりに増える事を知って、
 その間はここにいようと決めたのです。

 村人達は喜びました。
 毎年何人も、魔物のせいで帰らぬ人になっていたからです。
 収穫期に森に入れるようになったのも初めての事でした。
 そこで、村人達は森で取れた果物をお礼に供えました。
 最初は何だろうと思っていた竜ですが、
 大好きな果物は、竜の大きな手では取りにくかったもので、
 せっかくなのでと頂きました。
 魔物がいなくなると竜もいなくなりました。

 翌年の収穫期にもまた魔物がやってきました。
 もちろん竜もやってきました。
 その度にお礼の果物をお供えしました。
 豊作の年には牛をお供えしたりもしました。
 竜にも、それは自分が魔物を退治してるおかげだと解ってきました。
 そうしてこの村で、竜は神様の使いになりました。

 所がある年、酷い日照りに見舞われました。
 田畑は枯れ、果物も実らず、なのに魔物はやってきました。
 もちろん竜もやってきました。
 竜は魔物を退治してくれましたが、お礼の作物と果物がありません。
 牛も残ったのは乳牛一頭で、村はギリギリの状態でした。
 困り困った村人達、とうとう人身御供を差し出すことに決めました。
 選ばれたのは村では変わり者の娘でした。
 見えない何かと話をし、夜になると近くがぼんやりと光る不思議な娘でした。

 村人達の心配を余所に、娘は自分から人身御供に申し出ました。
 果物の代わりに彼女を置いて、村人達は帰っていきました。
 困ったのは竜の方です。
 どうして娘を置いていったのか全く解らなかったのです。
 長く村に通い続けて、竜は人を好きになっていました。
 食べる気なんてありません。
 娘も帰るわけにいきません。
 悩み悩んだ一人と一匹、仕方がないので一緒に余所へ行きました。

 竜と娘は半年の間に世界中を回りました。
 その間、竜は狩りで肉を集め、娘は森で果物をあつめました。
 鱗の間に小さな棘が挟まって竜が困っていたときは、
 娘が取って上げました。
 たまに失敗して鱗が一枚こぼれ落ちる事もありましたが、
 娘はそれをお守りにとっておきました。
 すると、街道沿いで出会った商人に、
 鱗を譲ってくれと頼まれました。

 家畜をさらう悪い竜もたくさんいて、
 追い払うのがやっとだったので、鱗は今よりずっと高価なものでした。
 鱗と交換に、娘は服と本を買いました。
 挿し絵がちょうど、村にいたころ話していた見えないものそっくりだったのです。
 本を読んで娘は魔法を覚えました。
 あの村には、いいえ、村のある国には、魔法使いがいなかったのです。
 ちょっとした怪我ならすぐ治せるようになりました。
 熱い場所でだしてくれる氷をかじるのが竜の楽しみになりました。
 同時に、零れた鱗を持って街に買い物にいくようにもなりました。

 村ではまだ不作が続いて、とうとう魔物もやってこなくなりました。
 それを知った娘は貯まった鱗を全部食べ物に買えて、
 いつもお供えしている場所においてきました。
 また竜がやってきたと思ってそれを見た村人は、
 喜んで食べ物をもって帰りました。
 それを見て、娘と竜はこっそり村を後にしました。

[ 2006/09/22 14:31 ] 創作小説 | TB(0) | CM(0)
ぶつくさ



ブログ内検索
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
ブロとも申請フォーム